オフィシャルブログ

生え際の「短い毛」、その対処!(後編)

Share on Facebook
LINEで送る

image2.JPG

前回の記事(前編)からずいぶんと時間が経ってしまいました。お待ち頂いていた皆様には申し訳ございません。

 

さてさて、問題のこの 「生え際の短い毛」・・・

 

実は、もう伸びなくなってしまった毛(詳しくは過去記事をご参照)、ということを前回申し上げました。そしてその原因は体内の変化であって、外からのアプローチでは、なかなか育毛の効果を上げることが難しいということも、お話しました。

 

育毛メニューを展開する美容室のブログで「そんなもの効果が無い!」なんて、これ業界のルール違反の、お叱りを受けるような記事なのです。

 

・・・でも、薄毛・脱毛はことに女性にとって、最も深刻な悩みであることを、誰よりも知っているのも美容師なのです!本当のことをお伝えするスタンスを持っていたいと思って書いております。

 

もちろん、サロンの育毛メニューやご家庭でのケアについて、全く無意味である、と言っているわけではありません。正しい方法なら、やらないよりはずっと良いことです。しかし、これで生えてくる!というような確実な方法が存在しない現在において、有効ではない方法に囚われているうちに、もっと進行してしまった!なんてことにならないように気をつけなければなりません!

 

まして、もし、この方法で生えてきます!などという美容室があったとすれば、その責任、どうやってとるのでしょうか・・・

 

 

先般、東京医科歯科大学が、女性のびまん性脱毛を含む、いわゆる男性型脱毛症(男性型はある程度治療法が確立されています)以外の薄毛の原因の解明に成功した、との記者発表をおこないました。

約10年以内に治療薬の開発を目指す、とのことで、もっと早く!と多くの方が思われたことでしょう。そう、実はやっと仕組みが解明されたばかりで、治療方法など、現時点でどこにも存在していないのです。

 

これだけ長らく美容師をしていながら、女性の脱毛症の改善例を、国内外問わず、一例も出会ったことがありません(※円形脱毛症などの一時的なものは除く)。

 

遺伝子、細胞内に存在する核酸、そして、補給も再生も不可能なタンパク質・・・ これらが複雑に絡み合って起きる女性の薄毛。

 

では、いったいどのようにすれば良いのでしょうか?

ひとそれぞれ、脱毛や薄毛があらわれる時期はさまざま

です。一生ご縁のない方も大勢いらっしゃいます。

 

毛髪の「弱毛化」・・・

これを食い止める方法。

アンチエイジング・・・ この一言に尽きるのです!

 

 

ひとそれぞれの違いはあれど、加齢に伴い発症する「弱毛化」。この進行を食い止めるのは全身のアンチエイジングなのです!髪の毛に照準を合わせるのではなくて、体全体の加齢にブレーキをかけて、そして少しでも逆戻りしなければなりません。

 

高級化粧品をどんなに使用しても、お肌の表面の乾燥を防ぐ以外に、根本的な美肌の効果がないことは、もう経験でよくお分かりのことと思います。そして、その根本的な対処法がアンチエイジング!

 

だって、髪も肌から生えているのですから!

 

体の中からのアンチエイジング・・・ つまり若々しく健康でいるということにほかなりません。

 

 

さて、長くなりました。あまり希望に満ちた記事ではなくなりましたが、いやいや、間違った方法に時間やお金を投じている暇はありません!

どんなに高価な服やアクセサリーより、艶のある自分の髪をなびかせていた方が、ずっとずっと有意義なのですから。本当を知って、本当の方法を探ることが大切です。希望を持って取り組んでいこうと思っています!

 

あらためて、この育毛のカテゴリーは更新してゆきますね。今日はこの辺で。

 

 

 

奈良市西大寺  美容室エディット  edit.